ホームページから集客できないのはなぜ?サイト運営者必見

ホームページ集客に悩んでいる企業や個人事業主、経営者は増えております。

しかし、悩んでいても何もしなければその先に成果というものはありません。

今回は、ホームページ集客できない理由とこれから集客を成功させるポイントをまとめましたので、お伝えします。

PR

ホームページから集客できないのはなぜか

サイト運営者であればホームページから見積もり依頼や問い合わせ、売上が少ないのであれば死活問題ですよね。

でも、これまでに自分なりに実践はしてきたけれどなかなかうまくいかないという状態に陥っており、半ばあきらめていたり、そもそも何からやればよいのかわからないという方もいるかと思います。

はじめに、ホームページから集客できない原因をまずは洗い出す、知ることがとても大切です。

ポイント

ホームページ集客をして問い合わせや購入などのコンバージョンを獲得していきたい場合、必ず数字やデータを把握することは必須です。

具体的にはGoogleアナリティクスを導入すれば、アクセスなどの数値を確認することができます。

運営しているホームページに導入されているか確認してみましょう。

ホームページを作成してからそのまま放置している

ホームページを公開したらそれで終わりだと思っていませんか?

ホームページは公開してからが勝負です。

いわば、ホームページが公開したての時はGoogleやYahoo!の検索エンジンには認知もされていなければ、評価もされていません。

ネットの世界でも簡単にいうと、webサイトの評価というものがあります。

どんなに自分なりによいホームページを作成したと満足したところで、Googleをはじめとした検索側の意図を知らない限り、あなたのホームページの評価、実績は上がっていきません。

Google(検索エンジン)に好かれる、評価されるホームページを公開してからも絶えず、心がけながらホームページを常にブラッシュアップ(進化)させていくことは必至です。

ホームページのページ数が少ない、文章がほとんどない

企業のホームページによっては、会社概要や事業内容、お問い合わせページなど、最低限の情報しか載っていないホームページってありますよね?

もし、あなたがホームページから問い合わせや資料請求を獲得したいのであれば、そのホームページから問い合わせや見積もり依頼を獲得したいと思いますか?

きっとよくわかならい、情報量も乏しいホームページからそういったアクションはしないのではないでしょうか。

それが答えです。

テキスト(文章)が少ないページもGoogleの検索評価基準に沿ってはいないので、あなたの狙っているキーワードで上位表示することは難しいでしょう。

自分が第三者として運営しているホームページを閲覧したときに、自分の欲しい情報や購入したくなるような情報や商品、サービスが載っているか?

もし、答えがNOだったら誰も問い合わせはしてこないのです。

価値のないコンテンツばかり更新している

逆に、「うちの会社は毎日ホームページを更新している」という企業もあるかもしれません。

ブログや、進捗状況、社長日記などです。

しかし、それらの情報がユーザーにとって価値のないものであれば集客は成功しません。

もし、ブログを一生懸命毎日書いていれば集客できるのであれば皆、頑張って書いていますし、毎日ホームページを更新していれば検索上位表示ができるならそれほど有難い成功ノウハウはないですよね?

しかし、現実はそんなことはありません。

あくまでもユーザーにとって価値のある情報やコンテンツだからこそ、集客が成功したり、上位表示対策がうまくいくのであって、毎日更新していれば効果があるわではないのです。

決して勘違いしないようにしましょう。

なぜ、ユーザーにとって価値のあるコンテンツが今求められているのかは、Googleが掲げる10の事実を参考にしてみてください。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleが掲げる10の事実

上記のGoogleが発信しているメッセージはサイト運営者にとっては頭に何度も入れておきたい文章です。

価値のあるコンテンツ=ユーザーにも好かれるのです。

サイト運営者のこだわりや主張が羅列しているホームページ

社長や経営者、サイト運営者のこだわりというのは非常に強いものがあります。

それ自体は、大事なことではあるのですが、自分のこだわり=ユーザーにとって価値のあるものとは限りません。

多くの場合は、自分のこだわりや主張が邪魔してユーザーにとってよくわからないというミスマッチや障害が起きているものです。

社長の理念や会社のこだわりなどがびっしりと載っているホームページがありますが、あなたは果たしてそのサイトをみたときにどう思うでしょうか?

これが答えですね。第三者目線は何度も言うように非常に大切です。

アクセス解析でホームページの現状を把握していない

あなたのホームページの先月のアクセス数や訪問数、PV、どの地域からアクセスがあったか教えてください。

そう質問されたときに答えられますか?

もし、質問に対して答えられないようであればサイト運営者としては失格です。

なぜなら、ホームページ集客を成功させるには現状分析は非常に大事な施策だからです。

現状を知らずに、これからなにかをやればうまくいくかもしれないという浅はかな考えは捨てたほうがいい。

ネットの世界というのは、ライバルや競合が数多くいます。

そのなかであなたのホームページがユーザーから選ばれるには、それ相応の努力や行動が必要なのです。

ホームページを作成して綺麗なホームページ、恰好良いサイトであれば自動販売機のようにお金が舞い込んでいると思ったら大間違い。

かなり痛い目にあいます。

無料でホームページに導入できるアクセス解析ログ、GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールがホームページに入っているのか、チエックしましょう。

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

最低限、上記の2つはホームページから集客するうえで必須のツールです。

まとめ

もしかしたらあなたがこれまでに考えてきた、ホームページから集客、売上を上げるためにやってきたことがあまり意味のない施策だったことかもしれません。

しかし、あきらめる必要はありません。

どんなに世の中にホームページがあっても、あなたのホームページかユーザーにとって価値のあるものであれば必ず選ばれます。

ひとつ言えることは、今後も我流でやっていてはうまくいかないということです。

今回お伝えしたことに該当するのであれば、ぜひ明日からといわず今日から改善していってください。

5分で実践!Googleアナリティクスで目標設定をする方法

2017.05.05

Googleアナリティクスでデバイス別のアクセス数を確認する方法

2017.05.04

【売れるHP構築】ホームページリニューアル時の注意点!

2017.04.16

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ホームページから売上を上げたい法人・個人の方へ

ホームページ集客やwebを軸に売上アップを実現したい方へ

・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント

・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト

・コンサルティング後、1年で年商1.5倍アップを実現した女性化粧品を販売する通販サイト

・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など

実際に短期間で成功事例を出しているwebコンサルタントの柿崎が、あなたのホームページを無料診断・個別相談にてお悩みを解決致します。


無料PDF:ホームページを軸にビジネスを最適化して実践1ヶ月で売上を1.5倍にする方法

ホームページから集客、売上を上げたいけれど何をやってよいのかわからない。今まで実践してきたが成果に繋がらないと悩んではいませんか?本書は実際のコンサルティングを通じて結果を出してきた手法を包み隠さずに公開しております。

・アクセス数を増やすことなく、ホームページ改善前に売上を上げる方法
・ホームページ制作をするうえで失敗しないための最重要ポイント
・まず、最低限確認しておかなければいけないチエックポイント

など、中小企業・個人事業主にとって最適なwebマーケティングであなたのビジネスに是非ご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

柿崎裕二

北海道札幌出身。 大手航空会社勤務から、独立起業。 webコンサルタントに転身した経歴を持つ。 現在、全くの売上0の状態のクライアントから年商で1億規模の会社のwebサイトの顧問に入り、サポートをしている。 ビジョンは中小企業~個人事業主からその分野の業種・業界でトップレベルのクライアントを一社、一人でも多く生み出すこと。