SEOで重要なGoogleガイドラインに沿った運営をしよう

SEO対策をするならGoogleガイドラインに沿った運営をしよう

webサイトから集客をするには、GoogleやYahoo!からキーワードによる検索流入を獲得する必要があり、その為にはSEO対策が必要です。

ですが、SEOというキーワードだけが世間で認知され、誤ったSEO対策の方法というのが世の中には蔓延しているという現状があります。

その為、実際にGoogleからペナルティ判定となる適切ではないSEO施策をしている運営者や、SEO業者が一部残念ながらいるのも事実です。

間違った施策をやっている限り、あなたのサイトは狙った検索キーワードで上位表示されることは永遠にありません。

最低限、検索キーワードで上位表示をするならGoogleガイドラインに沿った正しいwebサイトの運営をしたうえでSEO施策をすることが不可欠です。

今回は、その方法をお伝えします。

SEO(Search Engine Optimization)は、小手先のテクニックを実施しただけでは成果を出すことはできません。

自動ツールや非リンクを人工的に付け、上位表示すると謳うSEO業者等にはくれぐれも注意しましょう。

こういった手法はペナルティ対象となり、上位表示どころかサイト運営において非常にネガティブな影響を与えることになります。

PR

SEOで知っておきたいこと

SEOで知っておきたいこと

SEO(Search Engine Optimization)は検索エンジンの最適化とも呼ばれております。

今、SEOというのは改めて注目されているキーワードのような気もしますが、要はGoogleやYahoo!でキーワードを検索した時に、自分の運営しているwebサイトやECサイトが上位表示されるのが目的です。

自分のターゲットとしているユーザーが検索するであろうキーワードで上位表示することが出来れば、webサイトに訪れる機会が増え、アクセス数の増加と集客が大きく見込めます。

その為、サイト運営者はSEO施策を含め、あらゆる手段や施策を日々しています。

SEOで大事なことはGoogleにwebサイトが認知されること

検索キーワードからの流入を増やすSEOにおいて、運営しているwebサイトがGoogleの検索結果に表示されるのが大前提です。

このGoogleの検索結果に表示されるようにするためには、Googleにwebサイトが「クローリング」されて、Googleのデータベースに「インデックス」されることが大切です。

その為、検索結果に表示されるように適切なサイト運営をしなければいけないのです。

現在は、Yahoo!でもGoogleの検索エンジン技術を採用していると言われております。

その為、Googleに適切に「クローリング」と「インデックス」させるための施策を軸にしていけば問題ありません。

Googleに認知されるwebサイト構築づくりが大切

何だか、カタカナ表記が出てきて複雑に感じてきたという方もいるかもしれません。

ひとまず、SEOにおいて大事なことは自分の運営しているサイトの情報を読みとってもらう「クローリング」を多くすること、そしてサイトのページの情報を認知してもらい検索結果に表示してもらう「インデックス」が大事という2点を覚えておきましょう。

そして、このクローリングとインデックスを出来るだけ早める方法や、Googleにwebサイトの情報を意図的にこちらからスムーズに伝えるという方法が存在します。

これらを上手く利用すれば狙ったキーワードで上位表示をするための時間を短縮することにも繋がります。その方法を以下でお伝えします。

webサイト運営者は必須「Googlesearchコンソール」に登録する

Googlesearchコンソール

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Googleへ自分の運営しているwebサイトの情報を円滑かつ適切に伝えるには、Googleが提供している「Googlesearchコンソール」旧Googleウェブマスターツールを活用することが必須です。

これをwebサイトに導入することにより、Googleガイドラインに沿ったwebサイトの運営の土台づくりをすることが可能になります。

Googlesearchコンソールの導入は「アカウントの取得」と、webサイトへ「searchコンソールのタグを埋め込む」作業が必要ですが、一度導入してしまえば無料で活用することが出来るので非常に強力なツールとなります。

Googlesearchコンソールで出来ること

新たに公開したページや記事を素早くGoogleへ認知させる(伝える)ことができる

Googleにwebサイトがしっかりと認知(インデックス)されているかの把握ができる

webサイトが正常にクロール(検索ロボットが頻繁に訪れているか)逆に何らかのクロールエラーが起きていないか確認できる

サイトの状態(webサイトに深刻なセキュリティ等が起きていないか確認できる

webサイトが検索順位の評価を下げるような判定を受けていないかの確認

外部からの不自然なリンクや外部リンクなどをGooglesearchコンソール側で解除設定ができる

SEO施策において検索順位を妨げている原因のヒントや改善の施策の指標を確認できる

サーバーの状況や検索エンジンに適切にwebサイトが表示されているかの確認ができる

Googleガイドラインに違反する重複ページや不自然な外部リンク、隠しテキストがないか等を確認できる

仮にGoogleからの警告メッセージやペナルティ判定を受けた場合、Googlesearchコンソールで「再審査リクエスト」を送信できる

上記のように、Googlesearchコンソールへ登録するだけで、あなたが運営しているwebサイトの状態を把握できる点と、SEO対策における改善のヒントなどを具体的に手に入れることができます。

GooglesearchコンソールはGoogleからあなたのサイトが健全に運営されているかどうか、公開したページ等がしっかりと検索エンジンに把握されているかどうかを第三者の視点で明確に教えてくれます。

サイトの健康状態を知るために、導入しておかなけばいけないツールです。

また、意図的にGoogleガイドラインに反したことをやっていないのにも関わらず、ペナルティを受けた場合はGooglesearchコンソール経由で再審査の意義申し立てを送ることができるのも便利です。

具体的なガイドラインに反した手順

Googleでは以下のような方法を禁止ています。

サイト運営者であれば必ず一度は目に通しておきたい項目です。Googleが公開しているウェブマスター向けガイドラインのページも参考にしてください。

具体的なガイドライン
次のような手法を使用しないようにします。

・コンテンツの自動生成
・リンク プログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・リッチ スニペット マークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

引用:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

まとめ

SEO対策をして自社の運営しているwebサイトを上位表示したい場合、Googleガイドラインに反した方法や施策をやっていても成果が出るどころか、逆にペナルティ判定を受けてしまい深刻な結果を招いてしまいます。

しかし、良かれとばかりに後先のことを考えずに、小手先の上記の手法などを実践するサイト運営者は少なくありません。

今回の記事を読んで頂いた方は、そういった手法は絶対にしないようにしてください。

Googleガイドラインに沿ったルールで健全にwebサイトを運営するのが前提ですが、そのうえでユーザーにとって価値のある情報やコンテンツが掲載されているwebサイトは必ず上位表示されたり、ビジネスとして集客や人の集まるサイトになります。

そのための手段としてGooglesearchコンソールに登録しておけば、あなたのwebサイトの改善点などのヒントを手に入れることが出来るのです。

是非、参考のうえ実践してみてください。

SEOに興味を持ったらこれだけは知っておこう

2016.06.14

ホームページ集客を成功するために実践しなければいけない7つのこと

2016.10.13

初心者からのSEOで知っておくと便利な12のこと

2017.04.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ホームページから売上を上げたい法人・個人の方へ

ホームページ集客やwebを軸に売上アップを実現したい方へ

・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント

・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト

・コンサルティング後、1年で年商1.5倍アップを実現した女性化粧品を販売する通販サイト

・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など

実際に短期間で成功事例を出しているwebコンサルタントの柿崎が、あなたのホームページを無料診断・個別相談にてお悩みを解決致します。


無料PDF:ホームページを軸にビジネスを最適化して実践1ヶ月で売上を1.5倍にする方法

ホームページから集客、売上を上げたいけれど何をやってよいのかわからない。今まで実践してきたが成果に繋がらないと悩んではいませんか?本書は実際のコンサルティングを通じて結果を出してきた手法を包み隠さずに公開しております。

・アクセス数を増やすことなく、ホームページ改善前に売上を上げる方法
・ホームページ制作をするうえで失敗しないための最重要ポイント
・まず、最低限確認しておかなければいけないチエックポイント

など、中小企業・個人事業主にとって最適なwebマーケティングであなたのビジネスに是非ご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

柿崎裕二

北海道札幌出身。 大手航空会社勤務から、独立起業。 webコンサルタントに転身した経歴を持つ。 現在、全くの売上0の状態のクライアントから年商で1億規模の会社のwebサイトの顧問に入り、サポートをしている。 ビジョンは中小企業~個人事業主からその分野の業種・業界でトップレベルのクライアントを一社、一人でも多く生み出すこと。